耳鳴りの原因と対策方法|快適な生活を送ろう

女医

耳鳴りでお困りの方へ

どんな聞こえ方でしょうか

女性

耳鳴りには様々な種類があり、どのような聞こえ方をするかによって、どの病気であるかが決まって来ます。高音でキーン、あるいはピーという音が聞こえる場合は、老人性難聴や突発性難聴の可能性があります。一方低音の場合は、ストレスが原因であることが多いです。それから、単音性と雑音性にも分けられます。単音性の耳鳴りは1つの音しか聞こえませんが、雑音性はいくつかの異なる音が一緒に聞こえるもので、突発性難聴の可能性もあり、また脳疾患が原因のこともあります。また突発性耳鳴りと慢性耳鳴りという分け方もあります。突発性はやはり突発性難聴、あるいはメニエール病の疑いがあります。慢性の場合は老人性難聴である確率が高いのですが、メニエール病のこともあります。

原因となる病気も様々です

耳鳴りは、実はストレスによって引き起こされることが結構多いのです。ストレスが原因の自律神経失調症でも、症状の一つに耳鳴りがあります。ですから、生活を改善し、運動やストレッチ、趣味などでストレスを軽減させることによって、改善されることもあります。それでも治らない時は、耳や脳の病気が原因であると考えるといいでしょう。たとえば半日以上耳鳴りが続く、めまいや難聴、吐き気などの症状がある、それから、片側の耳だけ耳鳴りが強いような場合は、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。もし頭痛を伴う場合は、脳神経科や頭痛外来を受診するのがお勧めです。特に生活に支障をきたすような場合は、たかが耳鳴りと放っておかず、早めに病院に行くことをお勧めします。